ホーム>◇禁煙外来

◇禁煙外来

禁煙外来

百害あって一利なしとは、タバコに対しよく形容される言葉です。タバコの害は社会的にも問題となり禁煙への意識はますます高まり、喫煙者の数はどんどん減っています。しかし以前からタバコを吸っており止めたいけれども止めることができない方は多くおられます。また何度か禁煙に挑戦したが数日しかもたなかったという声もよく聞かれます。このような方は意志が弱いのでしょうか?いいえこれはタバコの中に含まれるニコチンという有害物質に対する中毒症でれっきとした?病気なのです。病気ならば医療保険を使って治療しましょうというのが禁煙外来です。

禁煙①.jpg

 

 

 

 

 

 

ところでタバコに含まれる有害物質はニコチンだけではありません。またこれらによる健康被害には様々なものがあります。特に有名なのが肺ガンです。喫煙者にでは非喫煙者に比べ数倍も肺ガンになる可能性が高いことが知られています。またガンになるのは肺だけではありません。タバコの煙の通り道である、口の中、喉、食道にも発生しやすいですし、通り道から離れた前立腺、胃、大腸など全身のガンの発生率を高めてしまいます。日本人の死亡原因の第一位であるガンを減らす最も効果的で私たちが取り組まなければいけないことは、抗がん剤の開発ではなく、禁煙の推進です。

禁煙②.jpg

 

 

 

 

 

 

そしてタバコの健康被害は、ガンだけではなく血管障害も忘れてはいけません。血管障害を引き起こす原因として、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常などの生活習慣病が有名ですがそれらとともにこのタバコによる血管障害は深刻です。またこれらが合併したときには促進的に血管障害は悪化していきます。またタバコに含まれる一酸化炭素は血管を強力に収縮させ、血管を詰まらせることがあり、急性心筋梗塞や脳梗塞の引き金になることで知られています。

 

いずれにせよ喫煙をされている方は一刻も早く禁煙の決断をし、すぐに禁煙外来の申し込みをしてください。

さらにタバコの被害は、喫煙者だけではありません。まわりで生活している家族、職場の同僚にも深刻な被害をもたらします。これを副流煙被害と呼び、程度は低いながらも同様の疾患の原因となります。「喫煙は自殺行為である」と揶揄される一方、「副流煙はゆっくりとした殺人である」とも言えます。愛する家族のためにも早く禁煙の決断をすべきです。

禁煙イラスト3.jpg

 

 

 

 

 

 

医療保険による禁煙外来では内服薬による治療を行います。(内服薬による適応のない方には貼付剤による治療を行います)。この薬はニコチン中毒となった脳細胞に作用し、あたかもニコチンを吸っているような錯覚の引き起こし、その間にタバコを止めていくというものです。自力で禁煙する用よりも楽に禁煙できるというもので、私たちが治療を始めた80%以上の方が禁煙に成功しています。

治療期間は3か月です。その間5回ほど来院していただき禁煙支援士による禁煙状況の確認を行い、医師の診察の元に薬の処方を行います。

また私たちは禁煙だけではなく、その治療期間中に、タバコによる肺や心臓への影響を検査し総合的な禁煙治療を行っています。

禁煙4.jpg