ホーム>・即時型アレルギー

・即時型アレルギー

即時型アレルギー

即時型IgEアレルギー

異物(抗原)が接触あるいは体内に侵入してきた時に、まず対応してくれる抗体がIgEです。これは白血球の1つである好酸球から分泌されすばやくとりあえずの対応をしてくれます。その時に発熱、発赤、腫脹など炎症が起こり、それが過剰になった状態が即時型アレルギーです。この現象は日常生活でよく体験されることで、じんましん、花粉症などはこの病態に基づくものです。

即時型アレルギー1.jpg

 

 

 

 

 

したがって一過性のものならばこれらを抑える抗ヒスタミン剤、抗ロイコトリエン剤という内服薬、塗り薬などで対処は可能です。それでも改善が無い場合、一時的にステロイドを使うこともあります。しかしその過剰防衛であるアレルギー反応がどの程度起こるかどうかは、その時の体の状態にもよります。そしてそれが長期に起こる場合や全身に起こる場合は、長期のステロイド使用は副作用のためにも避けるべきであり、何らかの免疫学的なアプローチが必要になります。バランスを崩した免疫システムを再構築し、適度な反応になるように調節しなおすことが肝要です。そのためには、食事療法を始めとしたオーソモレキュラー療法が奏功することがあります。慢性的なアレルギーをお持ちの方は、オーソモレキュラー療法で体質改善を試みてください。さらにアトピーなど強いアレルギー体質の方にはオゾン療法なども効果的です。

即時型アレルギー2.jpg