ホーム>・鼻から肺まで呼吸器の病気

・鼻から肺まで呼吸器の病気

鼻から肺まで呼吸器の病気

鼻から肺までは常に外気と触れているため、さまざまな疾患を引き起こします。特にそこは空気中に浮遊したウイルスが体内に入ってくるもっとも有力な経路です。それは上気道の炎症としてかぜ症状を引き起こし、さらに奥まで進行し肺炎に至ります。また侵入者はウイルスだけではなく細菌、真菌などさまざまな病原体が入ってきます。そのために喉から気管支、肺にかけてはもともと多くのリンパ節が発達し外敵に抵抗するように出来ていますが、免疫力の低下から感染を起こし死に至る方もおられます。そこで私たちは呼吸器感染を頻回に起こされる方(よく風邪をひく方)には、普段から行える免疫力を高める生活習慣と予防法を提案しています。

 

鼻から鼻まで呼吸器の病気.jpg

 

さらに呼吸器に入ってくるものは病原体だけではなく空気中に浮遊する有害物質もあります。有毒物質に対して人間はアレルギーという免疫システムで対応します。しかし最近は、有毒物質に対する過剰なアレルギー反応を示す方が多くなってきています。つまり免疫システムの暴走が起こっています。疾患でいうと花粉症から気管支喘息まで程度はさまざまですが、これらすべて免疫システムの異常に基づいています。私たちは色んな治療法を提案し、正常な免疫システムの回復が得られるように治療しています。

 

鼻から肺まで呼吸器の病気2.jpg