ホーム>・副腎疲労症候群

・副腎疲労症候群

副腎疲労症候群

人はストレスを脳の前頭葉で感じ、へん桃体、視床下部へと信号が送られその下部の下垂体にまで影響してきます。

下垂体は成長ホルモン、甲状腺刺激ホルモンなどを分泌していますが、ストレスによって副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌され、副腎を刺激、その副腎皮質からはコルチゾールというホルモンが分泌されます。コルチゾールは血糖を上昇させたり、血圧を上昇させたりし、襲いかかるストレスに対抗しようとしてくれます。つまりコルチゾールは抗ストレスホルモンと呼ばれており、ストレスが感じた時にすばやくそのストレスに対抗してくれています。しかしそのストレスが長期におよんだり、短期間であっても頻回であったり、大きなものであったりすると下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)や副腎皮質からのコルチゾールが出なくなってしまいます。これが副腎疲労です。つまり血圧が下がり、血糖値がさがるので倦怠感、眠気、めまい、寒気などが出現します。
検査にはホルモンの測定を行います。そして治療にはオーソモレキュラー療法による栄養学的なアプローチを行い、症状の強い方にはナチュラルホルモンを使用することもあります。

副腎疲労症候群.jpg