ホーム> ・心臓弁膜症

 ・心臓弁膜症

心臓弁膜症とは

心臓の中には、4つの逆流防止弁があります

心臓弁膜症とは

心臓は全身に血液を送る駆動力となるものですが、一定方向に循環されるべく、心臓の中には4つの逆流防止弁があります。
それらの弁が硬くなることで開きにくくなったり、はずれかけて閉まりが悪くなったりして、正常の循環のさまたげになる状態。
それが心臓弁膜症です。

 

 心臓弁膜症には、いくつかの種類があります

 例えば、

僧帽弁閉鎖不全

MR.png

僧帽弁の閉まりが悪いので
血液が逆流する(↑)

大動脈弁狭窄症

AS.png

大動脈弁が硬くなってしまい
開きが悪く血液が流れにくい(↑)

心臓弁膜症の症状は

血液の循環を滞らせるので、全身の症状として出現します。
特に、運動時の息切れ、足のむくみは多い症状です。

SOB.png                       足むくみ.png
 

心臓弁膜症の検査は 

これらの症状のある方は、心臓の超音波検査を受けましょう。
弁の具合、異常血流がすぐにわかります。 

 治療風景 エコーとMR.png