ホーム> ・高血圧

 ・高血圧

血圧が高いと言われた方へ

高血圧比較グラフ
※クリックすると拡大します

 血圧の正常値は・・・

  診察室 家庭
上の血圧
(収縮期血圧)
140mmHg以上 135mmHg以上
下の血圧
(拡張期血圧)
90mmHg以上 85mmHg以上

では、一度でも収縮期血圧(上の血圧)が140mmHg、拡張期血圧(下の血圧)
が90mmHgを超えればあなたは高血圧でしょうか?


血圧は変動します・・・

血圧測定.jpg

血圧の値は、常に変動しており、測定するたびに20mmHg位は変るものです。
そしてそれらはいずれもご自身の血圧値なのです。(数回測って下がったからといって高血圧ではないと判断してはいけません!)
血圧は、1日を通して見ても、1年を通して見ても、その時間帯、気温、季節、活動度、精神状態などによって、その値は変動します。したがって測定して出てきた値に一喜一憂せず、少し長い目で見て、まずご自身の血圧値を記録することからはじめて下さい。

急いで治療を開始する必要のある場合は・・・

高血圧は、心臓、脳、腎臓などに影響を及ぼします。急性のものとして、心筋梗塞大動脈解離脳出血などがあり、少しでもそういう兆候のある方には、初診時より薬を服用していただくようにしています。

                    失神.jpg

慢性のものでは、心臓肥大動脈硬化を原因とする腎不全などがあります。                                            

全身の検査が必要です

これらを診断するために尿検査、血液検査、心電図、レントゲン、心臓エコー検査などを行い総合的に判断し、臓器保護作用のある薬を服用していただくようにしています。したがって、あまり血圧が高くなくても心臓や腎臓にすでに障害をきたしている場合は、内服薬を処方することがあります。
 

検査風景イラスト


次のことはしないでください・・・

血圧治療を開始してから安定するまでは、過激な運動、過度のストレス、過度の飲酒、長時間の旅行などは避けてください。血圧が安定してからも、自己判断で薬を中断したり、減量したりしないでください。